日産ノートへの自動ブレーキシステムの搭載

日産ノートの値引き交渉に挑戦したゼ! > 日産ノートの特徴 > 日産ノートへの自動ブレーキシステムの搭載

日産ノートへの自動ブレーキシステムの搭載


昨今では、自動車への自動ブレーキシステムの開発、搭載が非常に目立ちます。
この自動ブレーキシステムの登場当初は、システム自体が非常に高価で、その有益性は認められていても、なかなか搭載率は伸びませんでした。
しかし、量産化やコストダウンが進み、価格が下がり始めると、一気に装着率が高まり、注目されるようになってきました。
日産ノートは、日産のコンパクトカーの販売の主流ですが、自動ブレーキシステムは設定されていなく、安全面では、他社に遅れをとっていました。
しかし、先日の東京モーターショーで、日産の新型エクストレイルに搭載された自動ブレーキシステムと同じシステムを、今後、日産ノートへ搭載すると正式に発表されました。
このシステムは、他社が、レーダーレーザー、ミリ波レーダー、ステレオカメラ等を利用するのに対して、単眼カメラを採用に、大幅なコストダウンを達成したシステムです。
このシステムは、時速30Km/h以下の場合、障害物や歩行者を検知すると、ドライバーに警告を行い、ブレーキ操作が行われない場合は、自動でブレーキを作動させて、衝突回避や衝突被害の軽減を行うものです。
また、他にも、AT車のアクセル踏み間違い防止機能、車線逸脱警告等も行います。
これらの機能をまとめて、7万円台で提供するものと思います。
日産ノートでは、上級グレードには標準装備となる可能性もあります。
システムを過信すること無く、いざという時のシステムという事を理解して使用する必要があります。

関連記事

  1. 日産ノートのアラウンドビューモニターについて
  2. 日産ノートのマイナーチェンジについて
  3. 日産ノートの試乗について