日産ノートのアラウンドビューモニターについて

日産ノートの値引き交渉に挑戦したゼ! > 日産ノートの特徴 > 日産ノートのアラウンドビューモニターについて

日産ノートのアラウンドビューモニターについて


日産ノートのアラウンドビューモニターの仕組みですが、通常状態で車両を上空の真上から見ると円錐形の視野になります。
車両の真上、もしくは衛星ナビのようにカメラが上空から撮影しているわけではないので、車両の屋根付近あたりの高低さで前後左右のカメラで撮影すると、自動車部分を含めた円錐台の部分についての画像が存在することになります。
その状態を合わせる形で車両の真上から見たような画像にすることで、あたかも車両の上空から撮影して見下ろしているような内容となっています。
上記の展開とシステムで自車両をモニターに表示させているために、自車両の状況は実際の自車両を映し出しているのではなく写真となっています。
自車両の真上に撮影カメラによる全展開で、カメラから見た自車両の屋根の高さまでの画像は必要としておりません。
なお日産ノートにおけるスカイラインクロスオーバーと呼ばれるアラウンドビューモニターのシステムは、新たに駐車する際の詳細ガイド機能であったり、フロントとリアの画面をワイドビューでチェックできる機能を搭載、ナビ連動となっているフロントワイドビュー機能などが採用されて居住性の向上が一層洗練されております。
ちなみに上記の各機能で、駐車ガイド機能は駐車完了状態とするべき手順について画面と音声で案内する機能であり、フロント&リアワイドビュー機能では、前後の約180度の範囲を画面に映し出してより危険性の少ない状態で自車両の視認確認をすることができる機能となっております。

関連記事

  1. 日産ノートのマイナーチェンジについて
  2. 日産ノートの試乗について
  3. 日産ノートへの自動ブレーキシステムの搭載